一級建築士試験 独学支援講座のお知らせ

HOMEお問合せサイトマップ更新履歴一覧
HOME 学科コース 短期製図コース 長期製図コース 製図通信講座 講師のご紹介 オフィシャルグッズ販売 お問合せ



お知らせ
講習会日程や開催内容などお知らせいたします。

■2019/08/1
短期製図コースが満席になりました。

■2019/07/28
短期製図コースの募集を開始します。すぐに満席になりますのでお早目にお申込みください。

■2019/07/26
製図の課題が発表されました。「美術館の分館」です。H22の美術館が参考になります。

■2019/06/01
2019年版製図テキストが発売されました。

■2019/05/12
短期学科コーススタート。募集は終了しました。途中参加をご希望の方はメールにて連絡ください。

■2019/05/02
5/12から短期学科コーススタート。お席に若干の余裕があります。毎週日曜日11回で5分野-過去問5年部を徹底的に分析。最終仕上げに最適です。

■2019/04/17
通信講座を開設。基礎から学ぶ長期コースと課題発表後の実践に特化した短期コースを準備しました。

■2019/03/28
東京地区以外の方限定の製図通信・製図集中講座を開催!
製図集中講座は連休4/29-5/1に開催。

■2019/02/23
長期製図スタート!3層吹抜け建物見学会を実施。

■2019/02/12
長期製図2/23土曜日13:00スタート! 1回目は3層吹抜けの建物見学会も実施します。初回体験希望の方はメールで連絡ください。

■2019/02/02
中期学科2/2、長期製図2/23スタート。両コースともに募集終了しました。

■2019/01/16
長期製図土曜コース開催決定! 募集は1/25まで延長します。このチャンスを見逃さないように。

■2019/01/09
中期学科の申込はあと、2名です。お早めにお申し込みください。

■2019/01/08
長期製図は問い合わせ人数が定員に達しました。申込をされない人が出た場合のキャンセル待ちとなります。チャンスを生かすため、まずは連絡ください。1/20には申込受付を終了いたします。

■2019/01/08
学科コースの内容を一新しました。今年からのアクティブラーニング方式で効率的な学習方法を取り入れました。詳しくは学科コースをご覧ください。

■2018/12/28
長期製図は残り2席です。お急ぎください!
中期学科はまだお席に余裕があります。
個別訪問で詳しくご説明します。電話またはメールで受け付けています。

■2018/12/19
公開説明会の説明会の受付
公開説明会にはお席に限りがあります。お席の予約をメールまたは電話にてお願いします。
中期学科 12月23日 10:00から
長期製図 12月23日 11:30から
となります。連続での参加も可能です。定員24名となりますので早めにご予約ください。時間が合わない方は、個別訪問をご利用ください。

■2018/11/02
製図用紙、下書用紙のネット販売を開始しました。限りなく本試験に近い、体裁、色を再現しています。

■2018/10/25
2019年講座日程決定。詳細は電話、メールでお問い合わせください。

■2018/10/20
H30年設計製図本試験解答速報を掲載しました。


関連サイト


2019年版 製図テキスト
 2019.6.11発売! 設計製図のバイブル!

2019年学科試験の総評 合格ラインは96点!
独学パスポート中期学科受講生は全員合格圏内! まずはおめでとう!
皆さん、学科試験お疲れ様でした。

例年通りですと今回の合格ラインはなんと96点(上位18%)です。

科目基準点 計画11点、環境・設備11点、法規16点、構造16点、施工13点
総合基準点 96点

 内容的には構造が比較的簡単であり、計画についても平年よりやや簡単であったように思います。法規、環境・設備、施工は例年通りというところです。
(1)計画
 建築作品が過去問から出されており比較的馴染みが深い設問のため正解率が高くなっています。ライトのグッケンハイム美術館はピンとくる人が多かったと思います。
(2)環境・設備
 問題にカラレーション、ウォーミングアップ制御、微気候、バスタブ曲線などの新規用語が出されていますが、過去問を習得していれば問題なく消去法で回答できたと思います。
(3)法規
 法改正がかなり取り上げられました。立体道路制度、接道義務の緩和、田園住居地域、老人ホーム等の共用廊下・階段の容積率緩和などがありました。
(4)構造
 横補剛の数、限界細長比、内部摩擦角、水平地盤反力係数、鋼材の板厚と基準強度、免震構造、制振構造など難しい問題が出題されました。どこかで必ず触れておりますが、しっかり覚えておかないと解けない問題ばかりでした。
(5)施工
 フレッシュコンクリートの問題では写真が取り入れられ、組立溶接の長さが40㎜以上であること、2つ割材など新しい問題も多く取り入れられています。

 総合合格点については、もしかすると制度改革により大学生を多数合格させる狙いがあり、合格率を極端に引き上げる(合格者を増やす)ことも検討しているかもしれません。そうなると、9月の発表までどちらかわからない人が増え、製図は過去経験者が俄然有利になります。そういう意味でも96点はてがたいところと言えます。
 製図の方もレベルを下げてくることは考えられますが、まずはしっかりと課題を分析することから始めましょう。
中期学科スケジール
合格へのポイント
何よりも、まず、勉強時間を作る!
学科はとにかく勉強時間できまります。まず、「朝勉の勧め」です。朝は早起きして2時間やると決めます。寝坊したらその日は捨てて構いませんが、最も頭が働く時間帯です。それと通勤時間や仕事の待ち時間などでトレーニングをすることです。

製図試験は相対試験でありますが、最大の敵はライバルではなく、自分の意志力です。学科は30分程度の隙間時間でできます。では、どうしたらいいのでしょうか。

もっとも効果的な方法が勉強時間を朝型に変えることです。夜10時に寝れば、朝4時に起きられるようになります。朝4時から7時までの3時間を確保します。これが本当にできれば合格はすぐそこにいます。それと問題集を分野別、年度別に分割し、常にカバンの中に入れておきます。そして、仕事の隙間時間、昼休みや移動時間に1問でも多く解くことです。一例ではありますが、1週間のスケジュールを下記のように組むことで勉強時間を確保することができます。しかし、これは最低条件でしかありません。
曜日 内容 時間配分
月曜日 勉強会の整理、再確認、定着 2時間
火曜日 問題集50問 2時間
水曜日 問題集50問 2時間
木曜日 問題集50問 2時間
金曜日 問題集50問 2時間
土曜日 誤答問題約50題再回答、テキスト調査 5時間
日曜日 勉強会参加 7時間
大量学習方式は時代遅れ、アクティブラーニング方式で効率的に学習!
その上で、アクティブラーニングに参加し、説明力をつけることです。この説明力をつけるプロセスが記憶から定着に変化させる最も効率的な方法なのです。これができれば合格への道は開かれるのです。

これを2月から7月末まで、22週繰り返せば学科試験に合格できないはずはありません。

できない言い訳はいくらでもあります。仕事は忙しいのが当たり前です。それでも努力するしかありません。ライバルは学校に通って、毎週課題をこなしています。そういあ人に対抗するには問題量で勝負するより、定着率を上げる努力をした方がはるかに効率的です。

右の写真の分量が学校で解く学課試験の問題量です。その人たちを含めて10人に8人は落ちるのですから、覚悟なしに合格はありえないのです。ここまで解かなくてもアクティブラーニング方式ならばもっと効率的に覚えることができるのです。しかも原理原則を掘り下げていれば、応用問題にも対抗できます。

ここまで説明しても信じられないというならば、総合資格学院や日建学院の学科コースに通い大量の問題を解くことをお勧めします。

時間がないからこそ、アクティブラーニング方式が有効なのです。
要点ノートの活用
要点ノートを活用する!
独学パスポート勉強会のもう一つのポイントは要点ノートの作成です。

学科教科書の最初のページに書いてある要点のまとめをA5用紙に印刷します。その隣に余白を設け、ここに、自分が理解していなかったことを書くことで暗記をサポートします。

また、A5サイズは持ち運びやすいので電車でも使うことができます。これをやるかやらないかで大きな差かでてきます。復習時に活用してください。

教科書を「読む」、要点ノート学習で「書く」、アクティブラーニング方式で「説明する」の3つの脳を活性化してこそ、飛躍的に定着力が伸びるのです。

普段、人に説明するという方法で勉強をすることはないかと思います。しかし、これがどれほど効果的かは、やった人だけが知ることのできる魔法の方法なのです。
不安な受験生は学校に通うか否かを早く決める!
 不安な受験生は学校に通うか否かを早く決める!
 ここまで精読して「自分だけでやるのは難しい」、「アクティブラーニング方式はどうなのかな」と思った人は早く学科を教えてくれる学校を選び、授業料を払い通うことを決断すべきです。

このホームページを読んでいるということは、投資対効果あるいは資金面で相当悩んでいるということですから、強い継続意志を持てないならばすぐに結論を出して次に進むことをお勧めします。

資金を最小にするには、学校で努力している人よりも何倍も強い意志で独学に臨まなければ学科試験に到底合格できません。この間にもライバルは学科の勉強をしているのですから…。
アクティブラーニング方式による勉強会!
アクティブラーニング方式による勉強会!
そうはいっても無い袖は振れない人をサポートするために皆んなで集まり、お互い切磋琢磨する学科の勉強会が独学パスポート勉強会です。

もちろん、指導もしますが、すでにご説明してきたようにお互いが問題の理解できていない点を発表し、どう理解すべきかを討議するアクティブラーニング方式で進めます。

学校では学科の問題量が多すぎ、正解か否かしか追いかけられません。しかし、大切なのは学科問題の理解できなかった選択肢を本当に理解することなのです。これを紐解くことが学校との一番の違いで徹底的に掘り下げることにより、学科の内容が定着するのです。

この勉強会により、一人ではなく仲間がいるということで同じ受験生として理解できなかったことや軽く見逃していたことが実は大切だったことに気づきます。それを掘り下げる勉強会なのです。

是非、参加して合格への階段を登りましょう。

一級建築士 学科試験・製図試験のための独学パスポート勉強会!
運営組織 独学パスポート研究会
〒130-0002 東京都墨田区業平1-7-20 東京美装内
電話 03-3625-0610 FAX 03-3623-0610
Copyright © 2019 独学パスポート研究会 Inc. All Rights Reserved. Powered by POOSNET