一級建築士試験 独学支援講座のお知らせ

HOMEお問合せサイトマップ更新履歴一覧
2019設計製図予想問題8/1に当HPにて掲載予定!
短期製図講座は7/28から受付開始!(定員10名)
2019年設計製図課題解説・入学相談会8月1日18:00
8月3日・8月4日土曜日曜各コーススタート!

HOME 学科コース 短期製図コース 長期製図コース 製図通信講座 講師のご紹介 オフィシャルグッズ販売 お問合せ



お知らせ
講習会日程や開催内容などお知らせいたします。

■2019/06/01
2019年版製図テキストが発売されました。

■2019/05/12
短期学科コーススタート。募集は終了しました。途中参加をご希望の方はメールにて連絡ください。

■2019/05/02
5/12から短期学科コーススタート。お席に若干の余裕があります。毎週日曜日11回で5分野-過去問5年部を徹底的に分析。最終仕上げに最適です。

■2019/04/17
通信講座を開設。基礎から学ぶ長期コースと課題発表後の実践に特化した短期コースを準備しました。

■2019/03/28
東京地区以外の方限定の製図通信・製図集中講座を開催!
製図集中講座は連休4/29-5/1に開催。

■2019/02/23
長期製図スタート!3層吹抜け建物見学会を実施。

■2019/02/12
長期製図2/23土曜日13:00スタート! 1回目は3層吹抜けの建物見学会も実施します。初回体験希望の方はメールで連絡ください。

■2019/02/02
中期学科2/2、長期製図2/23スタート。両コースともに募集終了しました。

■2019/01/16
長期製図土曜コース開催決定! 募集は1/25まで延長します。このチャンスを見逃さないように。

■2019/01/09
中期学科の申込はあと、2名です。お早めにお申し込みください。

■2019/01/08
長期製図は問い合わせ人数が定員に達しました。申込をされない人が出た場合のキャンセル待ちとなります。チャンスを生かすため、まずは連絡ください。1/20には申込受付を終了いたします。

■2019/01/08
学科コースの内容を一新しました。今年からのアクティブラーニング方式で効率的な学習方法を取り入れました。詳しくは学科コースをご覧ください。

■2018/12/28
長期製図は残り2席です。お急ぎください!
中期学科はまだお席に余裕があります。
個別訪問で詳しくご説明します。電話またはメールで受け付けています。

■2018/12/19
公開説明会の説明会の受付
公開説明会にはお席に限りがあります。お席の予約をメールまたは電話にてお願いします。
中期学科 12月23日 10:00から
長期製図 12月23日 11:30から
となります。連続での参加も可能です。定員24名となりますので早めにご予約ください。時間が合わない方は、個別訪問をご利用ください。

■2018/11/02
製図用紙、下書用紙のネット販売を開始しました。限りなく本試験に近い、体裁、色を再現しています。

■2018/10/25
2019年講座日程決定。詳細は電話、メールでお問い合わせください。

■2018/10/20
H30年設計製図本試験解答速報を掲載しました。

■2018/07/31
学科コースは11月開講予定決定! 日比谷線小伝馬町の専用教室にてスタート!!!

■2018/06/28
2018.7.28の一級建築士設計製図課題の第1回勉強会のみ【無料】となります。

■2018/06/22
2018.6.27 設計製図独習テキスト販売開始!


関連サイト


2019年版 製図テキスト
 2019.6.11発売! 設計製図のバイブル!

8月1日18:00 より2019年課題解説・入学相談会を開催
2019年課題解説・入学相談会を開催します。定員30名
🔹参加方法 
入学を希望される方を前提とした説明会のため登録制とさせていただいております。「お問合わせ」をクリックし、必要事項を記入の上、お問い合わせ内容欄に「入学相談会参加希望」と記載しメールを送信すれば完了です。
メール確認後、会場をご案内します。
尚、課題解説のみの参加はお断りしております。あくまで入学を前提とした説明会です。

🔸8月1日 18:00🔸
・2019年課題解説
 試験元の発表課題および雲母未来が予想した2019年予想問題を中心に2019年課題解説を行います。
・入学相談会
 入会を希望する方の相談会です。入会希望者には入学相談を個別に受け付けます。

令和元年 一級建築士製図課題の予想!
みなさん、いよいよ製図課題が発表になります。そこで妄想を重ねて予想を立ててみました。9割型ハズレるとは思いますが、一つの可能性として参考にしてください。
 過去問の傾向を見ると、宿泊階のあるプランを基準階と考えると偶数年は「ゾーニングタイプ」で奇数年は「基準階タイプ」となっています。これは昨年受験した受験生が有利にならないようにするためです。
 ということは、令和元年は基準階タイプと考えるのが順当となります。そして、来年はオリンピックイヤー。ということは選手村や国際交流センターに白羽の矢がたつような...
 例えば、1,2階を商業施設、3階を選手村にする。課題としては、異種用途区画、セキュリティー(管理型ゾーニング)が必要になります。また、各宿泊室は大会後にリフォームする案まで入れると防火区画、PSについて深い理解が必要となります。さらに、3階をボイドにするとI,L,ツインコリダーのどれでもないタイプなのでこれは面白いかなと予想しました。
 そこで、プランを1つ作ってみました。参考にしてください。
令和元年 一級建築士製図課題の予想!
2018.12.8「建築士法の改正する法律」が国会で可決!
 近年、一級建築士は40歳〜50歳の層が厚く、2030年には60%に減少します。そこで試験元では、設計製図の受験回数制限を撤廃し、何回でも受験できるように検討を重ね、まずは受験資格の緩和について法改正されました。2020年の受験から適用される予定です。

法改正内容
1.大学の建築学科で指定科目を修めて卒業すれば、直ちに一級建築士を受験できるようになります。
❖建築士法14条一号 実務経験にかかる記述が削除

2.工業高校等で指定科目を修めて卒業すれば、直ちに二級建築士を受験できるようになります。
❖建築士法15条一号 実務経験にかかる記述が削除

3二級建築士は、直ちに一級建築士を受験できるようになります。
❖建築士法14条二号 実務経験にかかる記述が削除

4.従来、受験資格の要件とされていた実務経験は、免許の登録要件となります。
 改正前に受験資格として扱われていた実務経験は、免許を受けるための登録要件と代わりました。また、試験合格の前後の実務経験を通算することも認められます。

5.改正法は、公布の日から起算して二年を超えない範囲内において政令で定める日から施行されることになります。
 公布から2年以内の施行ですので、早ければ2020年の試験から実施されることになります。

 審議会で検討されていた「学科合格者の製図試験受験回数制限の撤廃」「大学等の建築教育との整合性」や「CADによる製図試験の導入検討」についてはまだ先となります。
 ただし、これらは法令により制限するものではなく、試験の運用なので2020年から学科合格者の製図試験受験回数制限が撤廃される可能性は高いと思われます。
平成30年 一級建築士試験 合格率・合格者属性
近年、学科試験は難問化する傾向にあり、10年前と比べると雲泥の差となっています。
 学科 I の計画・学科Vの施工は毎年、新規課題がありますが、これは過去問をこなしている受験生がそう簡単に解答できないようにするためです。過去問だけですとすべて解答できてしまいます。この対策は過去問を100%正解することで 前後関係から予測できるまで学習して対応するしかありません。
 製図は要素がどんどん増えています。決して減る傾向にはありません。H27からは梁伏図がなくなり 3平面に、同時に避難経路と歩行距離が追加され、H29からはコンセプトルームの計画、H30からは延焼ライン電気機器の設置位置の作図まで要求されています。作図量が増える一方であり、どこまで増えるのか不安になりす。裏返せば受験生が優秀すぎてどんどん解いてくるため、解答に差が出るように難問化の一途を辿っているわけです。
 そうはいうものの受験生も人ですから、焦らず、怖がらず努力し続ければ必ず合格可能です。相対試験ですから他の受験生ができないものはできなくてもいいわけです。
一級建築士試験の合格者数・合格率
平成30年 一級建築士試験 合格率・合格者属性 受験者数はここ10年で60%にまで減少しています。合格率はほぼ一定であり、相対試験であることがわかります。つまり、試験が難しくても簡単でも受験者の上位10%に入れるかどうかということです。試験が難しいほど過年度生に有利になり、 優しいほど初年度生に有利です!!
合格者の属性
受験資格は、 大学卒業+実務経験2年二級建築士取得後実務経験5年で取られている方がほとんどです。意外と通信大学で大学卒業の資格を取得する人も多いようです。
 また、実務経験が必要なことから受験生は24 才から34才までにピークがあります。 40から50代も少なくありません。
 男女比を見てみますと、男性比率が全体の3/4とまだまだ男性中心ですが、近年、女性合格者比率
(H29:24.1%→H30:26.3%)
が急増しています。
合格者の出身校
日本大学、東京理科大学、芝浦工業大学の御三家は毎年トップスリーに入り、 東大、東工大といった国立難関校出身者が必ずしも有利という試験ではないようです。また、 通信大学京都造形芸術大学、愛知産業大学がランクインしているのも注目すべきでしょう。
 やはり、試験対策をどれだけ効率的に行うことができたかがポイントとなっているようです。正しい指導者の元、努力すれば必ず合格できる試験です。単に量的に頑張る方式ではなく、質的に頑張る方式に切替え、今年こそ一緒に頑張りましょう。
【個別訪問説明】こちらから訪問して講座内容・効果を説明!
何故、この講座から60%以上の合格者がでるのか?
【個別訪問説明】こちらから訪問して講座内容・効果を説明!何故、この講座から60%以上の合格者がでるのか?  何故、この講座から60%以上の合格者がでるのか?是非、お会いして詳しい内容をご説明させてください。
 間違いなく、学習方法に問題があります。正しい学習方法×学習時間が基準を上回らなければ同じ時間勉強しても合格はできません。でもそれだけの問題でしょうか。
 今まで何が悪かったのか、この講座で本当に合格できるのかという不安を解消するため、受講を希望してる方、ひとりひとりに訪問して説明します。
 気軽に、メールをください。後日、訪問日程(最寄駅の喫茶店など)をご連絡します!!!
【学科】
学科の合格率は18%程度。
 どうすれば合格できるのか。それは学習方法に秘密があります。単純に問題を数解けば合格できるということはありません。1000題の問題を解いても同じ問題でミスをしていては得点は上がりません。そこで...
 1. 説明記憶
 解答数重視の学習から深層記憶定着重視の学習方法であるアクティブラーニングにシフトする。
 2. 筆記記憶
 独学パスポートオリジナルの学習ノートを利用し、今までと違う学習方法で記憶する。
 3. アクティブラーニング方式
 勉強会に参加し、他人の学習視点から理解を深める。
これらをこれまでと違った手法で記憶に刻めるように徹底指導します。だからこそ、覚えられる!

【製図】
製図の合格率は40%程度。
 製図のポイントは4つ!
 1. 空間構成
 特に吹抜け・繋がり条件・各室の配置方法を覚える。
 2.廊下とホールの構成
 廊下の通し方を適正化する。
 3. パーツの理論記憶
 室パーツを覚え、室の大きさだけエスキスすれば中を埋めることができるようにする。
 4. アクティブラーニング
 勉強会で他のメンバーの答案を一緒に研究する。
これらを実践に合わせた課題で指導し、きちんと採点・評価します。少人数制なので他の学校ではできないクオリティを提供できます。
 また、必要な方には製図の書き方指導も無料で行います。

一級建築士 学科試験・製図試験のための独学パスポート勉強会!
運営組織 独学パスポート研究会
〒130-0002 東京都墨田区業平1-7-20 東京美装内
電話 03-3625-0610 FAX 03-3623-0610
Copyright © 2019 独学パスポート研究会 Inc. All Rights Reserved. Powered by POOSNET