一級建築士試験 独学支援講座のお知らせ

HOMEお問合せサイトマップ更新履歴一覧
令和2年「高齢者介護施設」の解答例はこれだ!!
2021年の学科オンライン授業に進化
毎週日曜日グーグルミートで徹底的に解析してゆきます。
もちろん、アクティブラーニング方式で
定着率をグーンとアップします。

HOME 学科コース 短期製図コース 長期製図コース 製図通信講座 講師のご紹介 オフィシャルグッズ販売 お問合せ



お知らせ
講習会日程や開催内容などお知らせいたします。

■2020/10/13
一級建築士設計製図「高齢者介護施設」の解答速報を公開しました。

■2020/09/25
9/27の模擬試験の参加登録を終了します。

■2020/09/15
集中講座の申し込み締め切り間近です。お早めにご登録ください。

■2020/08/13
8/15に施設見学会を実施します。アビタシオン君津にご協力いただきました。

■2020/08/04
予想問題S1の問題と解答を後悔しました。ダウンロードは8/9までです。お早めに!

■2020/07/22
本日、一級建築士設計製図の課題が発表されました。「高齢者介護施設」。やはり、基準階でした。

■2020/07/20
長期学科のプログラムを近々発表します。70点以下の人で勉強を止めることなく続けたい人向けの前半リモート、後半ライブ授業の組み合わせになります。

■2020/07/11
いよいよ学科試験を迎えます。合格が見えたらすぐに短期講座にお申し込みください。土曜日コースに空きがあります。

■2020/06/25
楽天ブックスでの1位を記念して先着5名様に限り特別価格での販売をいたします。4,840円(税込・送料込み)です。

■2020/05/1
コロナウィルスのえいきょうにより、ゴールデンウィーク集中講座は中止いたします。

■2020/04/16
2020年版教科書販売開始

■2020/04/13
講義は窓を開け、3人掛け机を1人で使用するので3蜜のうち、2つまで潰しています。どうぞ、安心して講義にいらしてください。

■2020/03/10
2020年集中講座のプログラムが決定しました。

■2020/02/26
短期学科4/26スタート、短期製図7/18,19スタート。募集を開始しました。

■2020/02/26
集中講座の詳細内容、詳細日程を決定しました。

■2020/02/26
公開模試の日程を決定しました。

■2020/01/28
カド番学科コース、長期製図コースの授業内容説明会を2月7日18:00より開催します。

■2019/12/30
2月5日製図不合格でカド番落ちの方のための再チャレンジコースとして「カド番学科コース」を追加開催決定! 諦めきれない方のための猛チャージコースです。

■2019/12/15
各コースとも募集開始しました。詳しくはメールでご相談ください。


関連サイト


2020年版 製図テキスト
 2020.4.16発売! 設計製図のバイブル!

令和2年 一級建築士設計製図課題「高齢者介護施設」の解答例を公開
令和2年 一級建築士設計製図課題「高齢者介護施設」の解答例を公開
令和2年一級建築士の解答例をアップしました。
ポイント
1.採光という指定が再三出てくるので、これは吹抜けと光庭の組み合わせが必要と判断しました。
2.採光係数は2,3階の階高を3.5m、南ヘリアキを3m以上にすればクリアします。
3.共同生活室は生活の要でユニットのセンターに配置すべきと考えました。
4.埋め戻し客土は柱状改良で対応しました。
5.汚物処理室、リネン室などは管理動線に近づけると良いでしょう。

【採光係数】について
ヘリアキ3m、2,3階階高3.5mの場合
❖2階の採光係数
 (D=2.6m/H=5.8m(=0.3+3.5+2.0))×6-1.4=1.28
❖1階の採光係数
 (D=2.6/H=9.3)×6-1.4=0.277
となり、1階は床面積の1/10で足りますので30㎡の床の場合、窓面積は30×1/10)/0.277で10.9 ㎡必要です。窓高さ2mとすると5m幅となりますので十分でしょう。
これが最低数値となります。ヘリアキ2m(有効1.6m)は一発アウトランクIV 、有効2mがギリギリセーフです。階高4mは要注意となります。

【記述】
1.耐震ルート
 ルートはRC20m以下なのでルート1で足ります。つまり、「各階の壁量、柱量の確保」ができればOKです。
具体的には
 Σ2.5αAw+Σ0.7αAc≧ZWAi
  Aw:耐力壁の水平断面積
  Ac:耐力壁以外の壁の水平断面積
  α:割り増し係数
  Z:地震地域係数
  W:その階が支える固定荷重+積載荷重
  Ai:地震層剪断係数の高さ方向の分布
となりますが、そんなことを聞きたいのではないので、
「固定荷重と積載荷重に応じた各階の耐力壁を含む壁量、柱量の確保できるように設計し、強度で大地震に対する安全性を確保した。」というようなことを書き込めばよいでしょう。
 もちろん、ルート2でもOKです。ルート1は強度を持たせつことで簡易に設計できる代わりに柱梁が太くなります。経済性を追求するならば許容応力度計算によるルート2で計算した方が有利になります。ルート2では、「層間変形角が1/200以下、剛性率0.6以上、偏心率0.15以下、塔状比4.0以下となるため、許容応力度計算により設計し、強度、剛性、靭性で大地震に対する安全性を確保した。」というように記述すれば良いでしょう。どちらを選択しても間違いにはなりません。
 ルート3は保有水平耐力計算による計算で詳細に断面寸法を計算しますが、構造特性係数Dsなども使うため、製図でそれが反映されているとは思えないので、どうなのかなあというところです。もちろん、間違いにはなりません。
 ほとんどの人が柱は700mm角として描きますが、これはルート1の考え方で描いているといことの裏返しでもあります。
 これらの表現に、「この際、地震力を割り増しして十分に余裕のある部材の断面寸法とした。」といった表現を加えれば十分です。
2.感染症対策
 光庭を利用した煙突効果のある自然換気が一番です。設備で逃げるのは計画としては深みがありません。強制換気よりも手洗い洗面を各所に設けることの方が意図にあっていると思います。
3.住みやすさ・介護しやすさ
 愛のある設計が必要です。窓の採光、共同生活室へのアクセス、1.5mφの介護スペース、介助用便所などが解答として適切です。




令和2年 一級建築士設計製図課題発表! 「高齢者介護施設」
 本年の一級建築士設計製図の試験問題が公表されました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年7月22日
(公財)建築技術教育普及センター

 令和2年10月11日(日曜)に実施する令和2年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題を公表しました。
 なお、一級建築士試験は、建築士法第13条及び第15条の2の規定に基づき、国土交通大臣の指定試験機関である(公財)建築技術教育普及センター(理事長 井上 勝徳)が実施しているものです。
 
                          記
令和2年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題
課題名 高齢者介護施設
要求図書
1階平面図・配置図(縮尺1/200)
各階平面図(縮尺1/200)
  ※各階平面図については、試験問題中に示す設計条件等において指定します。
断面図(縮尺1/200)
面積表
計画の要点等

(注1)居宅サービスを行う施設及び居住施設で構成する建築物の計画とする。
(注2) 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に規定する特別特定建築物の計画とする。
(注3)建築基準法令に適合した建築物の計画(建蔽率、容積率、高さの制限、延焼のおそれのある部分、防火区画、避難施設 等)とする。

建築物の計画に当たっての留意事項
1.敷地の周辺環境に配慮して計画する。
2.バリアフリー、省エネルギー、セキュリティ等に配慮して計画する。
3.各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。
4.建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
5.構造種別に応じた架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を計画する。
6.空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。

注意事項

「試験問題」及び上記の「建築物の計画に当たっての留意事項」を十分に理解したうえで、「設計製図の試験」に臨むようにして下さい。
なお、建築基準法令や要求図書、主要な要求室等の計画等の設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。


一級建築士 学科試験・製図試験のための独学パスポート勉強会!
運営組織 独学パスポート研究会
〒130-0002 東京都墨田区業平1-7-20 東京美装内
電話 03-3625-0610 FAX 03-3623-0610
Copyright © 2020 独学パスポート研究会 Inc. All Rights Reserved. Powered by POOSNET